エンジン部品、自動車部品等鋳造品の製造及び機械加工なら長野県塩尻市のヤマトインテック

鋳造業界とて、職場環境・地球環境を無視することは許されない

当社では職場環境への配慮として、ヨーロッパでは当然のVIP溶解炉集塵フードを日本の鋳造業界でいち早く設置し、「他の鋳物工場より粉塵が少ない」「においがきつくない」との声を多くのご来訪様よりいただいております。
さらに新たな集塵システムも導入し必要最小限の動力で地球環境に配慮しつつもクリーンな環境を実現する努力を続けています。

事業品目
● 過給器部品 ● エンジン部品 ● 自動車部品 
● 建設機械部品 ● 農業機器部品 ● その他一般機器部品

鋳物屋ではだけでは終われない時代、鋳造品にさらなる付加価値を加える高い加工技術を。


素形材部からでた鋳造品がそのまま世に出て部品となるわけではありません。それを削り、他の部品が組み込める穴を開け、はじめてひとつの部品が出来上がります。どんなに鋳造品が高品質に仕上がっていたとしても、質の悪い加工が加われば部品としての評価は下がってしまう、逆にここに高い加工技術が加われば、製品にさらなる付加価値がつきます。

高い検査技術を持つ機器も開発されてきていますが、それでも鋳物は削ってみてはじめてわかることがまだまだあります。よって自社で作った鋳造品を自社で加工し完成品として世に出すことは、客先での不良軽減、延いてはお客様のメリットにつながります。素形材部の技術の高まりと伸びる需要に比例し、加工工場の需要と取引先様から求められるレベルが急激に高まっていることをうけ、汎用機のみでなく、ハイレベルな特殊機械の導入、職人技のみに頼らない作業のシステム化と個々のレベルアップなど、急ピッチの改革が進んでいます。

客先ニーズに応える加工一貫
鋳造された製品の多くは、すぐに使える鋳造部品として機械加工され、組立部品としてお客様にお届けしています。
広く大きな加工工場
加工工場は2棟(延べ750坪)あり、マニホールド、タービンハウジング、ベアリングキャップなど各種の鋳物を加工しています。
近代的な加工機械に更新中
客先要求を満たす品質と加工能力の向上を目的に立形・横形マシニング、NC旋盤をはじめ、最新型の加工機を導入しています。

安土桃山時代のお寺の鐘に始まり現在まで、街や都市を創造し続けた430余年。

天正12年(1584年)、初代濱伊右衛門清賢が相模国鎌倉郡由比より松本領主に招かれたことに端を発すヤマトインテックは、安土桃山の時代のお寺の鐘にはじまり、近代の高欄や街灯などの景観物まで430余年もの間、多くの人々が目をとめ利用する公共製品を手掛けてまいりました。

現在景観事業部では、アルミを主原料としたエクステリア製品や建材製品の企画・設計・製造を中心に、Vプロセスと呼ばれる省資源、無公害の製造ラインにて最新式の自動化鋳造システムを導入し、作品や製品の豊かなイメージを忠実に具現化しています。塩尻・松本周辺地域はもと
より東京都内の名所や有名建築物まで、県内外に広く当
社の製品が使用されています。

マーケティングから企画提案、生産、販売までの一貫した体制で、最適で最良の製品をご提供できるようお客様の視点に立った製品づくりを心がけ、こうした一貫生産でのみ得られる貴重なノウハウを蓄積していることは当社の強みであります。

住環境をより豊かに彩る門扉、フェンス、ポスト、照明などの他、社会環境を快適に形成する、高欄、鋳物パネル、装飾街灯、各種モニュメントなどの製造を通じて、日々多くの皆様に目にしていただけることを誇れるような、
自然と美しく調和する街づくりにこれからも貢献して
まいります。

事業品目
●エクステリア製品 ●建材製品
●公共製品 ●環境製品
●機械部品

只今、準備中です。
しばらくお待ちください。