エンジン部品、自動車部品等鋳造品の製造及び機械加工なら長野県塩尻市のヤマトインテック

求める人材


社長からのメッセージ

社員全員の「人生の幸福」が目標。

サポーティングインダストリーである素形材は、モノづくりの原点であり、その重要性と面白さを理解し・モノづくりで社会に貢献する・という目的で集まってくれた社員はみな宝です。同時に、会社を「人生の持ち寄り場」として共通な考えを持っている人々が社員だと考えています。
したがって、社員と「企業の本質」=「会社の存続と発展」を共通した目的とし、社員全員の「人生の幸福」を目標としたいと考えています。

 

 

自助努力する人にはお金を惜しまず、会社の核に育てたい。

「企業存続」を決定づけるのは、最終的に「人」です。したがって・人づくり・こそ会社を将来まで元気に発展させる源になると考えています。その「源」をつくるには「時間と費用と努力」が欠かせません。
会社は地道にかつ継続して人材教育を実行していく必要があり、鋳物会社の永続は社員教育なくしてありえません。
外部講師の指導を仰ぐ、講習会に積極的に参加する、社の技術を伝承しながら認定制度や国の技能検定も受ける、資金の許す範囲で海外を見る機会をつくる…など、社員教育はお金を惜しまず強化していきたいと思っています。

しかしどんなにお金をかけても社員自らのやる気が一番大切、個人としてひとり一人が「自助努力」する人であってほしい、そして会社の核となる人が育ってくれることを切に願っています。

 

モノづくりの楽しさを若い人に見抜いてほしい、鋳物のどこか一片でも「好き」と感じてほしい。

鋳造現場のデジタル化が進んでいますが、それぞれの社員がモノづくりのわかる人材に育ってほしいですね。そのためにもモノづくりの原点である鋳造を少しでも理解してもらい、断片的にでも「鋳造が好きだ」という人材を求めています。
例えば「工場内の活気が好き」「鉄が真っ赤に溶けた状態が好き」など、単純な「好き」でいいのです。鋳物の表面的マイナスイメージだけでなく、その奥にある迫力だとか強さといったところにモノづくりの喜びを感じるような人にきてほしいですね。

製造立国日本の根底に流れるモノづくりの楽しさや価値を、何とか若い人に見抜いてもらいたい、そして何もないところから形を造り出す鋳物というものを、表面だけでなく少し掘り下げて見てもらいたいと思います。面白そうだと感じたら、それは成長のはじまりです。鋳造の間口は広い、モノづくりがやってみたい、おもしろうそうなど、そんな単純な気持ちがあれば大丈夫、やる気を持ってきてくれれば、きっとここには大きな成長が待っています。