activities素形材部

創業430年余 ISO9001/IATF16949 ・ISO14001の国際規格を基盤に、
時代が必要とする鋳造技術を有する。

薄肉軽量かつ耐熱性の高い、時代が求めるマニホールド、ベアリングハウジングで世界に挑む!

主に自動車において燃焼して最初に熱い排気ガスがでてくる部分である「エキゾーストマニホールド」の分野では、長年培った鋳造技術を生かしモーターリゼーションの時代とともに早くから製造に取組んでまいりましたが、特に近年は時代が求める薄肉軽量かつ耐熱性の高い特殊材質の鋳造を実現し、高い評価を得ています。

ターボチャージャーに使用する「ベアリングハウジング」の分野では、世界シェア 20%を有する日本のメーカーのサポートインダストリーとして、当社は、その重要パートナー先として担当しており、少なくとも世界のターボチャージャーの10%に当社のベアリングハウジングが使用されていることになります。ヨーロッパの大手自動車メーカーのターボチャージャにも当社のベアリングハウジングが使用されており、本国の監査員が当社を訪れた際には、その技術の高さが高く評価されました。また、同じくターボチャージャーに使用される「タービンハウジング」も当社の主軸品です。

長年培った鋳造技術とITの融合で、どんな時代にも強い「多品種少量多材質製品づくり」が実現

技術のヤマト

得意先の専用設計に合わせた開発力を有する。
独自の鋳造技術の確立により、ベアリングハウジング等の鋳物の中空部を形成する中子の特殊技術の開発により素材から加工完成品の出来高の向上を実現しています。

一貫生産のヤマト

製造工程は、鋳物素材製造から機械加工まで一貫化で得意先ニーズにお応えします。
当社では長年の鋳造技術の高さのみならず、設備及び検査治具まで独自に開発しており、早くからIT化を進め、アナログとデジタル、ハード及びソフトの両面に特化した技術を有しています。

現在は地球環境に配慮した小排気量のガソリンターボ・チャージャーの需要が世界的に高まりを受け、その部品の一部であるベアリングハウジングが当社の主軸製品となっておりますが、当社の強みはこの分野の技術力のみではなく、この先どんな時代、どんなご要望にもお応えできる「多品種少量・多材質製品創り」を日頃より心掛け、研究開発に余念がありません。

鋳造業界として、職場環境・地域環境にも配慮した企業で有り続ける

当社では職場環境への配慮として高熱作業における溶解職場の溶湯搬送を自動化し、高熱作業の軽減及び安全性の確保をしております。また、近隣住民に対する騒音対策として防音壁の設置・工場建屋外壁に収音材を施し、工場外への騒音対策等おこなっています。